ブログBLOG

知らないと後悔する!アイランドキッチンの注意点

こんにちは! ファミティホームです。

SNSなどで写真を見て「アイランドキッチンに憧れがある」という方もいるのではないでしょうか?

しかし、人気のアイランドキッチンには実は注意すべきデメリットがあります。家づくりの後悔ポイントにならないよう、しっかりデメリットを押さえておきましょう!



1.通路用スペースが必要
アイランドキッチンは左右それぞれに通り道が必要で、1.5~2帖ほどが通路用スペースとしてとられてしまいます。そのため、「なるべくリビングを広くしたい」という方には、キッチンの片側が壁に接している対面キッチンがおすすめです◎

2.油跳ねが大変
コンロ前に壁がないアイランドキッチンは、調理中に油が飛び散り、床掃除が大変です。油跳ねを防ごうと思ったら、換気扇を強にして油を吸い上げる必要があり、家族の会話やテレビの音も聞こえにくくなってしまいます。

3.ベビーゲートを設置しにくい
対面キッチンなら1か所だけでOKのベビーゲートも、アイランドキッチンでは左右2か所につけなければなりません。

また、アイランドキッチンだと、ベビーゲートの種類によっては、取り付けにくくなってしまうことがあります。

小さなお子さまがいるご家庭では、アイランドキッチンにするかどうか、十分に検討してください。

施工実績が豊富なファミティホームでは、お引渡し後の暮らしをイメージしながら、さまざまな家づくりのアドバイスをさせていただきます。

家づくりをご検討中の方は、お気軽に当店までご相談ください♪

後悔ポイントを防ぐコンセント計画については、コチラの記事をチェック!
【後悔しないコンセント計画①】キッチン・ダイニングの使い方をイメージしよう
https://famityhome.co.jp/staffblog/【後悔しないコンセント計画①】キッチン・ダイニングの使い方をイメージしよう

TOP