ブログBLOG

「広くて明るい玄関」にするコツとは?

こんにちは! ファミティホームです。

家にお客さまをお迎えする時に、真っ先に目に入る玄関。できれば印象の良い玄関にしたいですよね!

印象の良い玄関のポイントは「広さ」と「明るさ」です。今回は、玄関を広く明るく見せる工夫をご紹介します!

玄関を広く見せる工夫

床面積が同じでも、工夫次第で広々とした印象になります。

1つ目の工夫は、上がり框(かまち)を斜めにすること。斜めのラインが強調されることで、空間に奥行きが生まれ、広く感じられます。

2つ目の工夫は、玄関の中と外で同じタイルを使うこと。ドアを開けた時、空間につながりが生まれ、広く感じられます。

玄関を明るくする工夫

明るさも帰宅時や来客時の玄関の印象を大きく左右します。

1つ目の工夫は、玄関の横に縦スリットのFIX窓をつけること。外からの自然光を玄関に採り込むことができます◎
型板ガラス(光を通しながら視線を遮るガラス)にすれば、外からの視線も気になりません。

2つ目の工夫は、ガラス入りのドアを採用すること。玄関ドアと玄関とリビングを隔てるドアをどちらもガラス入りにすれば、外からの自然光とLDKからの光を同時に玄関に採り込めます。

ファミティホームには、建材や設備を実際に見て比較できるショールームがあります。「玄関コーナー」もあるため、家づくりの情報収集を兼ねて、お気軽にショールーム見学にお越しください。

TOP