2021年12月末まで!すまい給付金を活用しよう

こんにちは! ファミティホームです。

マイホームは大きな買い物ですが、国の施策を上手に活用すれば、家計の負担を減らせます。今回は「すまい給付金」についてわかりやすく解説します。

すまい給付金は、消費税増税に伴う家計の負担を和らげるための制度です。条件を満たせば、最大50万円の現金を受け取れます。適用条件には「床面積が50㎡以上であること」「品質が保証されていること」などがあります。

すまい給付金で受け取れる金額は、家を建てた人の年収によって変わります。消費税10%が適用される住宅の場合、年収の目安は775万円以下です。受け取れる金額は10万円から50万円まで幅があり、年収によって変わるため、くわしくはご相談ください。

国土交通省のすまい給付金のページで簡単なシミュレーションができるので、気になる人はチェックしてみましょう。

すまい給付金の支給を受けられるのは、2021年12月末までに入居した場合です。すまい給付金を受け取ろうと考えたら、2021年の春頃には住宅会社を決めて打ち合わせをスタートしておくと安心です。

家づくりのお金のことで悩んでいる人は、お気軽に私たちにご相談ください。優遇制度の情報もお伝えしつつ、豊富な実績をもとにアドバイスさせていただきます。

資料請求