最高ランク「耐震等級3」&長期優良住宅認定仕様

こんにちは! ファミティホームです。

「どうせ家を買うなら、安心して長く暮らせる家が良い」

これはきっと誰もが思うことですよね。では、安心して長く暮らせる家とはどういったものでしょうか?

例えば地震に強い、ライフスタイルの変化に応じてリフォームやリノベーションをしやすい、維持や管理がしやすいなど、様々な条件があると思います。

ファミティホームが建てる家には、そうした多くの人のご要望に応えるべく、たくさんの安心ポイントがあります。今回は、そうしたポイントについて分かりやすくご紹介していきます。

■ファミティホームの家は最高ランクの「耐震等級3」

耐震等級という言葉をご存じでしょうか? 耐震等級とは、読んで字のごとく建物の耐震性能の等級付けのことです。

耐震等級1は建築基準法の耐震性能を満たすレベル。阪神・淡路大震災相当の地震でも倒壊しない強度です。

耐震等級2は耐震等級1の1.25倍の強度で、病院や学校といった避難場となる施設に求められるレベルです。

そして最高ランクである耐震等級3は、耐震等級1の1.5倍の強度。消防署や警察署といった防災拠点となる建物に求められるレベルの耐震性能です。

ファミティホームの家はこの耐震等級3で建てられています

■税制面でも優遇される長期優良住宅仕様

ファミティホームの家は、標準仕様で長期優良住宅の認定を受けることが可能です。

長期優良住宅に認定されるには、
• 劣化対策
• 耐震性
• 可変性
• 維持管理・更新の容易性
• 高齢者等対策
• 省エネルギー対策
• 住戸面積
• 居住環境への配慮
• 維持・保全計画
などの基準を満たす必要があります。

こうした厳しい基準をクリアした長期優良住宅は、家族が安心して長く暮らすことができます。また、税制面での優遇、ローンの金利優遇など、さまざまなメリットがあります。

資料請求