地震の揺れを吸収!耐震・制振装置「F-guard」のご紹介

こんにちは! ファミティホームです。

地震の多い日本で家を建てるなら、地震対策にはこだわりたいもの。今回は、ファミティホームが採用している耐震・制振装置「F-guard」についてご紹介します。

「耐震」と「制振」はよく似た言葉ですが、実は意味が違います。「耐震」は、建物が倒壊しないよう地震の揺れに耐えること。一方の「制振」は、揺れを吸収して小さくすることです。

「耐震」も重要ですが、それだけでは揺れそのものを抑えることはできません。地震が起きたとき室内が大きく揺れると、転倒したり家具が倒れたり、ケガをするリスクが高まります。

制振装置があれば、室内の揺れが小さくなり、ケガのリスクが低下します。また、建物の変形が最小限に抑えられるため、家がいたみにくく長持ちする効果も。

「耐震」だけでなく「制振」にもこだわって家づくりをすることが大切です。

ファミティホームでは、耐震・制振装置「F-guard」を採用しています。F-guardは、東京工業大学の笠井教授による開発技術提供・監修を受けて完成しました。

耐力壁として最高倍率の国土交通大臣の認定を取得。地震が来た時には、振動エネルギーを熱エネルギーに変換するため、室内の揺れが小さくなります。

地震対策をしっかり行うことで、家族が安心して暮らせる家になるでしょう。安心安全の家づくりをしたい方は、お気軽に私たちにご相談ください。

資料請求