収納の扉、本当に必要ですか?

こんにちは! ファミティホームです。

以前は、クローゼットといえば扉のあるタイプが一般的でした。扉付きの収納は、生活感を隠せるのがメリット。

ですが、よく物を出し入れする場合、扉の開閉が面倒になってしまいがちです。特に子ども部屋などは、結局いつも扉は開けっ放し…というケースも珍しくないでしょう。

最近では、子ども部屋や主寝室のクローゼットを扉なしにする方が増えてきています。おしゃれなデザインの収納ボックスなどを活用すれば、扉なしでもスッキリ見せることは可能です。物の出し入れがしやすく、扉を開閉する必要がありません。扉をなくすことで、コスト削減の効果も◎

また、リビングなどで収納に扉を付ける場合、扉の色を壁紙の色と合わせるとスッキリして見えます。収納が壁と一体化することで、圧迫感がなくなり、お部屋が広く見える効果があります。

収納は、扉の有無によって使い勝手や印象が大きく変わります。家づくりでは、扉なしの収納も選択肢の1つに入れてみると良いでしょう。

ファミティホームでは、収納計画にもこだわって家づくりをしているので、お気軽にご相談ください。

資料請求