冬でも明るい家にする工夫とは?

こんにちは! ファミティホームです。

せっかくマイホームを建てるなら、冬でも明るい家にしたいと考える方は多いでしょう。今日は明るい家を建てるための3つの工夫をご紹介します!

1.日射を取得しやすい土地を選ぶ

明るい家にしたいと考えるなら、そもそも土地選びの段階で、日射を取得しやすい土地かどうかを見極めましょう。

土地の向きだけでなく、周りの建物の高さなど、周辺環境も重要です。今は空き地や駐車場、田畑だとしても、将来的にマンションなど高い建物が建つ可能性も。土地の用途地域も確認しておきましょう。

分譲地なら、基本的に周辺も一戸建ての住宅が建つため、日当たり良好な土地を見つけやすくなります。

2.勾配天井とトップライトを採用する

「部屋のすみずみまで太陽光を届けたい」という方におすすめなのが、勾配天井とトップライト(天窓)の組み合わせです。

電動シェードをつければ、夏場の強い日差しを防ぎつつ、冬場は太陽光をたっぷり室内に採りこめます。また、電動で開閉できるトップライトにすれば換気もできます。

ただし、メンテナンスが大変で雨漏りリスクがあることには注意が必要です。トップライトの汚れは基本的には雨が洗い流してくれますが、落ちない汚れがある時は、自分で掃除しなければなりません。メンテナンスできるかどうかも考慮して取り付ける必要があります。

3.掃き出し窓と高窓をつける

掃き出し窓とは、床まである背の高い窓のことです。高窓とは、壁の高い位置に設けられた窓のことで、ハイサイドライトとも呼ばれます。掃き出し窓と高窓を上手に組み合わせれば、明るい家になります。

たとえば、キッチンの吊戸棚の上やテレビの上にFIX窓の高窓をつけると、インテリアとしてもおしゃれに仕上がります。寝室や洗面所に高窓をつけるのもおすすめです。

型板ガラス(光を通しながら視線を遮るガラス)にすれば、通りから見える心配がないため、カーテンをつける必要もありません。

賃貸で暮らしていて、家の中の暗さが気になるというお話をよくうかがいます。自由設計のマイホームなら、天井の高さや窓の大きさ・配置を工夫することで、明るく快適な家にすることが可能です!

ファミティホームでは、現在の住まいのお悩みを丁寧にヒアリングし、ご購入者さまにとって暮らしやすい家をご提案しています。多数のモデルハウスをご用意しているので、ぜひ見学にお越しください(^^)

土地探しについてはコチラの記事もチェック!
ねらい目の土地とは?「南向き」以外にも目を向けて掘り出し物の土地に出会おう
https://famityhome.co.jp/blog_fh/ねらい目の土地とは?「南向き」以外にも目を向けて掘り出し物の土地に出会おう

窓の視線対策についてはコチラの記事もチェック!
気になる「外からの視線」対策
https://famityhome.co.jp/blog_fh/気になる「外からの視線」対策