「シロアリ対策」はなぜ重要なの?

こんにちは! ファミティホームです。

「シロアリ対策」といっても、ピンとこない方もいるかもしれません。しかし、シロアリに強い家かどうかは、住んでからの暮らしの快適さを大きく左右します

まず、シロアリが住みにくい環境は、ゴキブリも住みにくいのです。シロアリ対策をすることで、ゴキブリを寄せ付けない家になります。

続いて、メンテナンスコストです。一般的な住宅会社では、5年ごとに薬を塗布することでシロアリ保証を延長できます。しかし、薬を塗布するには10~30万円の費用がかかります。

一方ファミティホームでは、シロアリ対策を施した家づくりをしているため、5年ごとに3万円の点検をすることで、最長30年(当初10年間+20年更新)までシロアリ保証を延長できます。

シロアリ対策は、住み心地の観点でも、メンテナンスコストの観点でも、大きな意味を持つのです。

ファミティホームのシロアリ対策のポイントは3つです。

1.JASで認められたヒノキの土台

ファミティホームでは、基礎の上の土台にヒノキを使います。特定防蟻樹種のヒノキは、JAS規格でも薬剤が不要と認められています。

2.シロアリを寄せ付けない防腐防蟻処理

防腐防蟻処理を施した木材を使用するため、シロアリを寄せ付けません。

 

3.オールラウンド換気で、全面換気

シロアリは乾燥を嫌うため、床下の通気を良くすることも重要です。ファミティホームでは、従来の床下換気口よりも1.5倍〜2倍の換気性能を持つ「ロングパッキン工法」を採用しています。

ロングパッキン工法については、次のブログで詳しく解説します。

ファミティホームでは、長く快適に暮らしてほしいという想いから、性能にこだわった家づくりをしています。住宅性能について詳しく知りたい方は、お気軽に私たちにご相談ください。

資料請求