地震や湿気、害虫に強いオリジナル基礎

地盤・基礎 構造 換気・断熱 長期優良住宅認定仕様

地盤が家の重さに耐えられるか調査します
地盤調査

せっかく建てた家が※不同沈下によって傾いては大変ですので、地盤が家の重さに耐えられるかなどを、事前に調査することが必要です。

当社では家を建てる前の地盤調査に、スウェーデン式サウンディング試験を取り入れています。

※不同沈下:建物が不均等に沈むことで、建物が傾いたり、ねじれによるひび割れが生じる。

【スウェーデン式サウンディング試験とは】

北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に不良路盤の実態調査として採用、その後スカンジナビア諸国で広く普及した調査を、1954年頃、日本において建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。

1976年にはJIS規格に制定され、現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって実施されています。

試験方法は、鉄棒(ロッド)の先端に33mmのスクリューポイントを取り付け、50N,150N,250N,500N,750N,及び1000Nと荷重を掛 けた時点で静止状態による沈み込み(自沈)が無ければロッドを回転させ、25cm貫入するのに半回転(180度)で何回、回転したかを測定します。

貫入状況(自沈状況、回転量)で地盤の耐力を評価します。

まとめ

先端がキリ状になってい るスクリューポイントを取り付けたロットに荷重をかけて、地面にねじ込み、 25㎝ねじ込むのに何回転させたかを測定します。

スウェーデン式サウン ディング試験は5箇所以上のポイントで測定 をします。測定箇所は、 建築予定の建物の四隅 と中央です。建物の中央は、建物の対角線の長い 方の2分の1の箇所に なります。ですから、地盤調査をする時には、建物の形状と配置が決まっていなければなりません。

弱い地盤を強化し、支えます。
地盤改良

当社では地盤調査の結果を分析し、その内容に基づき、様々な地盤改良工事を行っています。主な改良工事の一つに、「湿式柱状改良工法」があります。現状地盤とセメント系固形材を混合撹拌、地中に柱状の改良体を築造し、建物荷重を有効に地盤に伝える地盤改良工事です。

「湿式柱状改良工法」

現状地盤とセメント系固型材を混合撹拌、地中の柱状の改良体を築造し、建物荷重を有効に地盤に伝える地盤改良工事です。

※解析の結果、良好な地盤には、改良工事は行いません。

まとめ

当社では、1邸1邸建物の形状に合わせて地盤調査を行い、地盤への強度をチェックしています。 第三者である保証会社の解析に基づき、必要に 応じた補強工事を実施し、その上でお客様に安心していただけるよう20年保証を付けています。

面で支えるベタ基礎で、地震や湿気、害虫にも強い工法です。
※FHL 剛性基礎

※ファミティハイレベルの略です。

住宅の基礎には大きく分けて布基礎とベタ基礎の2種類があります。建物の壁面に沿って、連続一体化した、逆T字型の布基礎に比べ、ベタ基礎は、基礎全体を鉄筋コンクリートの面で支えるので不同沈下を防止します。

当社ではこのベタ基礎をより強化した「FHL剛性基礎工法」というオリジナルの基礎工法を行っています。このFHL剛性基礎工法のメリットは、床下全面がコンクリートのため、地面からの湿気による影響を受けず、さらに防湿シートを敷設することで、二重の防湿体制が実現します。

床束をなくし鉄筋コンクリートの立ち上がりで支えることで強度が増し、また、すべての通柱にホールダウン金物を使用し、基礎と一体化することで柱の引き抜き耐力も高めています。

コンクリートは引張強度が弱いので、強度を上げるため鉄筋を太くしています。入れる鉄筋は建築基準法のD12mm(公称直径12mm)よりも太いD16mmを採用しています。

負荷が大きい直角に交わるコーナー部分にはハンチを設けることで力を分散させ、基礎の劣化を防止します。基礎(外側)巾木の仕上げに樹脂コートを採用し、コンクリートの中性化による鉄筋腐食を大幅に抑制します。

まとめ

地盤からの湿気を防ぎ、強固に一体化させるベタ基礎を採用しています。主筋には、建築基準法で定められているものよりも太い鉄筋を採用し、更に通常鋼性のものを採用する床束をコンクリート製とし基礎と一体化する事で、地震時に安定した床盤を保ちます。

FHL剛性基礎はここが違う!

基礎の1幅は建築基準法の120mmを

1.25倍上回る150mm厚!!

高さも2建築基準法の30cmを

1.33倍上回る40cm

建築基3準法の12mmを鉄筋の主筋は

1.33倍上回る直径16mm

鉄筋の4間隔も建築基準法の300mm間隔を

1.5倍上回る200mm間隔

地盤・基礎 構造 換気・断熱 長期優良住宅認定仕様