JR日本最南端の駅・西大山駅

先日、鹿児島県の「JR日本最南端の駅・西大山駅」に行ってきました。

数時間に1本という時刻表でしたが、奇跡的にも電車の到着に間に合い、電車にも出会う事ができました。

のぞかな田園風景に囲まれた、改札もないホームだけの小さな駅でした。

                     

駅つながりというわけではありませんが、営業部の最寄駅でもある「古市駅」について調べてみました。

明治31年に河陽鉄道の駅として、柏原駅―道明寺駅―古市駅が開業したそうです。

その後社名変更や合併を経て現在の近畿日本鉄道の駅になったそうです。

(ものすごく簡単な経緯の説明ですが。。。)

現在の近鉄に属する駅では、柏原駅と道明寺駅と並び、最古の歴史を有するそうです。

古市駅からは橿原神宮前方面に向かう南大阪線と河内長野方面に向かう長野線の路線があります。本線は南大阪線ですが、先に河内長野までのルートが出来て、橿原神宮前方面はあとから出来た経緯もあるそうです。

また、大正9年までは、古市駅と喜志駅の間に「西浦駅」が、

昭和49年までは、道明寺駅と古市駅の間に「誉田八幡宮駅」が存在したそうです。

いつも当たり前に利用している駅ですが、色んな歴史があるものです。

皆さんも普段利用する駅を調べてみてはいかがでしょうか。

♫藤井寺市・羽曳野市・富田林市での住宅のことならファミティホームにお任せ下さい♫

Follow me!