冬の悩みごと・結露について!

皆様は結露で悩まれた経験はございますか?

結露で一般的に問題視されるのは ガラスやサッシの枠に取りつく大量の水滴ですアセアセガーン

水滴と言ってもそこそこの量が発生し、場合によっては 窓枠がびしょ濡れになったり、カーテンが密着してしまい、カビが生えたりしますガーンガーン

 

カビ菌は空気中に飛散し、それを吸い込んでしまい、アレルギーが発症してしまうケースもありますえーん

 

水分は家にとって悪い結果しか生まないことが多いです。

一方人体にとっては水分、つまり適度な湿度が必要です。

(50〜60%がベストと言われています)

 

だから・・・換気をするのがベスト・・・

なのですが!

 結露が発生するのは『冬』です。

気軽に換気なんてできません雪

 結露の原因を端的に言うと、人間の呼気に含まれる水分が原因です。

(詳しく書くと長くなるので割愛します)

つの部屋に一人で寝ている時は大丈夫な事も多いですが、お子様が小さい時など、同じ部屋に4〜5人で寝たりすると、ほぼ確実に結露が発生します。

 そこで・・・

 『窓ガラスは少し開けて、シャッターだけ閉める!』

をお試しください。

 雨風はしのげるし、窓ガラスの開け具合によって換気の量が調整できます。

しかもお金は一切かかりませんウインク

 しかし、シャッターが無い場合はそれが出来ません。

そんな時は、室内の壁を吸放湿素材の『珪藻土』やLixilの『エコカラット』などを施工するのをお勧めします。

 

たかが結露・・されど結露、是非ご活用いただけると幸いです。

 

※結露がひどいと悩んでおられる方の中に、加湿器を大量に使用している方がおられますが・・上記説明の通り・・・ますます悪化します(笑)

 乾燥は嫌! 結露も嫌! 加湿がしたい!

そんなあなたは

吸放湿素材の壁一択です!

(住環境も良好になり、日々健やかに生活できます。費用対効果は高いです)

 

Follow me!