第11回 「ZEH」について

ファミティホームの野口です。

第11回目となる今回は、「ZEH(ゼッチ)」についてです。

皆様は「ZEH」という言葉は聞いたことはありますでしょうか。

ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)の略で、お家の断熱性・省エネ性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

また現在、政府では2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

つまり、簡単にいうと、下図のようにお家で使う消費エネルギーを抑えて、太陽光発電など自宅でエネルギーを創り、エネルギー収支をゼロにするお家のことをZEHと言います。

 

前回、長期優良住宅編でも書いたように、お家には、建てる時に様々な厳しい基準をクリアすることで、国から一定以上の性能を確保していることが認められ、認定を受けることのできる仕様が幾つかございます。

ZEHはその中の一つで、ZEHは消費エネルギーを抑えるための高断熱性能に加え、住宅設備に関しても基準を設けてエネルギーの消費を抑えることに特化したお家になります。

お家は1度建ててしまうと、性能を上げることは容易ではありません。お家を建てた後に「性能を考えて建てれば良かった」などの後悔をしないためにも、お家を検討される際には「どのような性能を持ったお家にするのか」や「どのような認定を受けたお家を建てるのか」も検討してみてはいかがでしょうか。

また、失敗しないお家づくりのためには、お住まいになってからの電気代などのランニングコストをどのように抑えるかも考えていく必要があります。

お家は購入すれば終わりでは、ありません。お家を建ててからも、より快適に暮らしていくために、お家探しの時には、ZEHも検討してみてはいかがでしょうか。

現在、ファミティホームでは、ZEHのお家づくりにも力を入れており、皆様のご要望に応えられるよう、より良いお家づくりを目指しております。

お家をご検討される際は、是非どのような性能のあるお家にするのか検討してみてください。より詳しく知りたい方は、是非現地営業マンに確認してみてください。

Follow me!